2021年度のぶどうの販売を始めました。

2021年度のぶどうの販売をはじめました。

オンラインショップからお買い求めいただけます。
先の見通せない中、不安なことも多く何も気にせず出かけることもままならないですが、自然の中で大きく育ったぶどうが生活にいろどりを添えられたら幸いです。

今年からの変更点もありますので、ご確認の上、ご注文をお願いいたします。

商品一覧

  • シャインマスカット 2kg / 1kg
  • ナガノパープル 2kg / 1kg
  • 種なし巨峰 2kg / 1kg
  • 数量限定 クイーンルージュ® 2kg
  • 数量限定 BKシードレス 2kg

シャインマスカット 2kg / 1kg

お届け予定の9月下旬頃には、ほんのり黄色みを帯びてシャインマスカット特有の芳醇な香りを楽しめます。種がなく皮ごと食べられどなたにも人気のぶどうです。

ナガノパープル 2kg / 1kg

2016年に植えた苗木から収穫した、ナガノパープルです。ナガノパープルは黒いぶどうでは珍しく皮ごと食べられ、種なしの長野県生まれの品種で、栽培が難しく希少なぶどうです。ポリフェノールが高く栄養面でも注目を浴びています。
2020年に第53回うまいくだものコンクールナガノパープルの部にて、長野県園芸作物生産振興協議会長賞を受賞しています。

種なし巨峰 2kg / 1kg

ぶどうの王様、巨峰の濃厚な味を堪能ください。第3回と第4回きじまるカップ無核巨峰コンクールにて、須坂市長賞とながの農業協同組合組合長賞を受賞しています。

数量限定 クイーンルージュ® 2kg

長野県生まれの待望の最新品種、とても期待されている赤いぶどうクイーンルージュ®です。
シャインマスカットを親にもち、種無し皮ごと食べられます。まだ収穫できる数に限りがありますので、販売につきましては生育を見ながら、あらためてホームページおよびSNS等でお知らせします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数量限定 BKシードレス 2kg

巨峰と親にもつぶどうです。ベリーAのコクと巨峰の風味が魅力の糖度が高く、酸味の少ないぶどうです。

今年から変わった点

今年からオンラインショップについて2点の変更があります。
1. 単品種のみの商品の取り扱いとなります。
2. ぶどうの品種ごとに発送が別となります。
以下で詳しく説明します。

単品種のみの商品の取り扱いとなります。

ひとつぶ堂でも人気のあった種無し巨峰とシャインマスカットのセットなど、品種の異なるセット商品がなくなります。

種無し巨峰の美味しい時期は8月後半から9月いっぱいまで、シャインマスカットの美味しい時期が9月後半から10月いっぱいまでと、ぶどうにより旬が異なります。
「もう少し待てば、もっとシャインマスカットが美味しくなるのに、巨峰のために早く収穫しないと・・・」
というジレンマに収穫の際に何度も直面し、去年から頭を悩ませていました。

色々なぶどうを食べていただきたいという気持ちもあり、悩んだ末、一番美味しい時期にお送りしたいと思い、今年から単品のみの販売を決断しました。
いろいろな品種を食べたいお客様には1kgサイズをご用意しましたので、こちらを選んでいただけたら幸いです。

ぶどうの品種ごとに発送が別となります。

セット商品がなくなるのと同じ理由で、1度のご注文で品種の異なるぶどうをご注文いただいても同時期に発送するのが難しくなります。
そのため、ご注文時に巨峰2kgとシャインマスカット2kgをお求めいただいた場合、別々に商品が届くことになります。
巨峰2kgとシャインマスカット2kgをご注文いただいた場合を例にしますと、
巨峰が9月頃に届いて、シャインマスカットが10月頃に届く、ということになります。

1度のご注文内で商品が異なる場合、送料も別途発生いたしますのでご注意ください。
同じ商品の場合は4つまでは同じ送料となります。

夫婦2人でやっている小さな農家ですので、ご不便おかけする点もあるかと思いますが、ご理解をいただけたらと思います。

2021/08/16 13:00 追記
あらためてご購入できるよう、オンラインショップを再開しました。
ご迷惑とご心配をおかけしました。
不備や疑問などありましたら、メールやSNSなどでご連絡いただけると助かります。

2021/08/15 15:00 追記
複数のお客様からうまく購入出来ないとお知らせいただきました。一度調査のため販売を中止いたします。再開の際には改めてご連絡いたします。すでにご注文いただいた件は問題ありません。ご迷惑をおかけします。

2020年度のぶどうの販売を始めました。

今年からナガノパープルをお届けできることになりました。多くの方にお届けしたく巨峰とのセット商品のみ、数量限定販売となります。 なお、シャインマスカットとは旬が異なるため別送となる場合がございます。予めご了承ください。

商品一覧

今年は以下の4つの商品をご用意しました。

  • ナガノパープルと種なし巨峰のセット 2kg
  • シャインマスカット 2kg
  • シャインマスカットと種なし巨峰のセット 2kg
  • 種なし巨峰 2kg

ナガノパープルと種なし巨峰のセット 2kg

2016年に苗木を植え、今年ようやくナガノパープルをお届けできるようになりました。ナガノパープルは黒いぶどうでは珍しく皮ごと食べられ、種なしの長野県生まれの品種で、栽培が難しく希少なぶどうです。ポリフェノールが高く栄養面でも注目を浴びています。ナガノパープルと、ぶどうの王様巨峰との黒系ぶどうの味くらべをお楽しみください。

なお、シャインマスカットとは旬が異なるため別送となる場合がございます。予めご了承ください。

ナガノパープルと種なし巨峰のセット 2kg

シャインマスカット 2kg

昨年まではセットでの販売のみでしたが、一年樹が育ったことでお届けできる数が増えましたので今年から単品での販売もいたします。人気のシャインマスカットの芳醇な香りとさわやかな味をお楽しみください。

シャインマスカット 2kg

シャインマスカットと種なし巨峰のセット 2kg

さわやかな味のシャインマスカットと、濃厚な巨峰の味を楽しめます。

シャインマスカットと種なし巨峰のセット 2kg

種なし巨峰 2kg

ぶどうの王様、巨峰の濃厚な味を堪能ください。

種なし巨峰2kg

皮ごと食べられる種なしの赤いぶどうについて

長野県生まれの待望の最新品種、とても期待されている赤いぶどうです。

シャインマスカットを親にもち、種無し皮ごと食べられます。今後順調に生育しましたら、あらためてホームページおよびSNS等でお知らせします。

写真は今年のお盆過ぎの様子です。これから女王様の口紅のように赤く熟していきます。

追記:9月中旬頃の様子です、赤く熟してきました。シャインマスカットとのセット数量限定で販売中です。

紅白シャインマスカットセット 2kg

ぶどうの摘粒という作業をしています。

前回からブログの更新間隔が空いてしまいましたが、ぶどうはどんどん大きくなっています。
最近は摘粒という作業をしています。

摘粒ってなに?

摘粒とは、栽培管理の中でも重要な作業で、ぶどうの粒を摘んで間引いてあげることです。
この作業をしてあげないと、ぶどうの粒同士が押し合ってつぶれてしまいます。
畑のぶどうの1房1房にしてあげる時間のかかる作業です。

1房についている粒を隣のつぶとのバランスを見ながら、30から35粒前後に間引いてあげます。早い時期なら指でひねるとポロッと取れてくれますが、日が進むと固くなって指では取れにくくなります。
巨峰は30から35粒ほど、シャインマスカットは少し多くて35から40粒以内になるようにしています。
摘粒でぶどうの見た目も決まるので、重要な作業になります。粒が大きくなってしまうと摘粒できなくなってしまうので期限のある忙しい作業です。

巨峰の摘粒前後の様子です

下の写真は巨峰の摘粒前と後の写真です。

摘粒した後だと少し中段ががらんとしてるのがわかります。
粒が大きくなるとこの空間も埋まると思います。

同じ日のシャインマスカットの様子です

巨峰と同じ日付の写真ですが、シャインマスカットは巨峰に比べて時期が遅い品種になります。

開花か始まって巨峰とシャインマスカットの時期がずれてくれることで、敵粒の作業もずらして行うことが出来ます。
収穫のはじまりも巨峰とシャインマスカットでは時期がずれます。

次は収穫より前に更新出来るといいのですが、どうなるでしょうか。

ぶどうの芽はこんな風に出てきます。

ひとつぶ堂の畑では、大きくわけて短梢剪定と長梢剪定という2つのぶどうの樹作りをしています。
それぞれの芽の出方をちょっと説明してみます。

まずは短梢剪定

ボコっと短く切られたような枝の両脇から出ているのが、今年出た新しい芽です。
では、真ん中にあるボコっと出たものは何なのかというと、去年出た枝になります。

ぶどうの枝は一年で1メートル以上伸びます。去年の枝ももちろん1メートル以上伸びているのですが、数センチを残して切ってしまいます。芽が出る場所は、概ね20センチ間隔であるので、切らなければたくさん芽が出て、たくさんぶどうが取れそうですが、それだと美味しく出来なかったり樹が弱ってしまったり、さまざまな問題があるのでこのように剪定をします。

芽が出る前の状態です。
1メートルもある枝をばっさりと切るので、ちゃんと芽が出ることを祈りながら剪定しています。

以上が短梢剪定です。それに対して長梢剪定のものもあります。

つづいて長梢剪定

長梢剪定は、去年の枝を2cmまでは切りません。枝が元気かどうかに応じてその枝ごとに剪定する長さを決めてあげます。
そうすると去年の枝は写真のように、長く残ります。そして、今年の枝も長く残ります。たぶん、来年も長く残るでしょう。すると、どんどん樹が大きくなって畑を飛び出していってしまいます。そうならないように、剪定するときは去年の枝の中でも出来るだけ大きく広がらないような場所の枝を選んで残してあげるように剪定しています。

なんだか芽の話から剪定の話になってしまいました。
芽を欠く作業もあって、それも美味しいぶどうを作る大事な作業ですが、その話はまたの機会に書けたらと思います。

今年もぶどうが動き出しています。

ぶどうの樹も発芽直前になり、防除も始まっています。

冬の間の剪定はとても大事な仕事なのですが、
あたたかくなって芽が膨らんでくると気持ちが高まってきます。
剪定や冬の管理がうまく出来ていたかの答えも、これから出てくるのでドキドキです。

剪定のやり方にも、もちろん指針はあるのですが、
畑によっても、樹によっても条件が異なるので、型通りにはいかず、答えはありません。
その答え合わせがこの秋の収穫でできるのも、楽しみであり、心配でもあります。

SNSでも情報を発信していますが、こちらのブログでも書いていこうと思います。
お付き合いいただけたら幸いです。