ぶどうの摘粒をしています。

ナガノパープルです。

ぶどうの粒が大きくなるように、粒と粒の間に隙間を作ってあげています。この摘粒の後は、1房に30粒から35粒ほどになっています。

品種によって形に違いがあるのも楽しいです。巨峰とナガノパープルは丸いような、シャインマスカットはすらっとした形をしています。

これからどんどん大きくなっていきます。楽しみです。

シャインマスカットです。
巨峰です。

果粒の肥大のために潅水をしています。

花が咲き終わるまでに房切りも終わり、ぶどうの粒が大きくなるように水をあげています。

地区の潅水もあるのですが、雨が降らないで3日もすると設置した水分量計ではpF値2.2になってしまいます。pF値2.0で1mの深さからストローで水を吸い上げる力とのことです。大変そうです。もっとあげたいのですが、1つの畑に600Lほどをあげています。潅水してあげるとpF値1.5ほどになっています。

甘く大きく育ってくれることを祈ってます。

摘粒の終わった巨峰の房です。

ぶどうの房切りが無事終わりそうです。

この1週間続けていたぶどうの房切りがようやく明日終わりそうです。

種なし巨峰、ナガノパープル、クイーンルージュと進めてきて、1番標高の高いシャインマスカットの畑が最後になります。満開になる前に無事終えることができ、ほっとしています。

ナガノパープルと巨峰は早くも満開になりそうです。これから粒がぐんぐん大きくなっていきます。

満開を迎えそうなナガノパープルです

ぶどうの房切りをしています

もうすぐ、ぶとうの花が満開になりそうです。

満開になるまでに、ぶどうの房切りの作業をしてあげないといけません。満開になるまでに房切りをしてあげないと、収穫できなくなってしまいます。

この時期、日に日にぶどうは育って行き、それに間に合うように作業を進めています。